2007年03月30日

就職観

就職活動も架橋に差し掛かっています。

約半年前。
そのときまで僕は「理系の院生だし、適当に学校推薦
でもとってそのへんのメーカーに就職すりゃいいや。」
くらいに思ってました。

けど就職活動を始めてみると。
世の中には様々な会社があることを知って。
いろんな会社に興味を持って。
業界に関わらず説明会にも結構行きました。

最初のうちはコンサルに惹かれ。
外資系の戦略コンサルばっか見てました。
けど、僕が就活を始めたときにはウィンタージョブの
季節はもう終わっていて、内定は絶望的でした。
それでも途中までは頑張ったけど、
結局ほぼ全敗(最後のほうは選考放棄した)

それからメーカーも見始めました。
なりたい自分と、今の自分。
そのギャップに常に悩み、考えてきました。

本能の部分では、華やかな仕事がしたい。
けど理性の部分では、自分に向いてるのは地味な仕事。

そんな悩みを持ちつつ、だんだん希望先が固まってきて。
今はあと数社で悩んでいるという感じです。
けどここからも悩みは続くと思います。

結局答えなんかなくて。
いろんな人がそれぞれ世の中のいろんな企業に行くわけで。
様々なパラメータ(給料、勤務地、事業内容…)の組み合わせの
最適解が自分にとって幸せな就職先とも限らないし。
そんなことは今はわからなくて。

だからこそ、ある程度パラメータは無視しつつ、
本能的に行きたいところに行けばいいんじゃないかな
って思う昨今です。

もうちょっと悩みます。
でも結果はいいものになると信じてる。

あと学校推薦はとらないことにしました。


次の記事を読む
前の記事を読む
この記事へのコメント
確かに就職活動ってどれが正しい、というかどれが自分にとって相応しいのかがはっきりと分からないのが怖い所っぽいね。

自分は就活してないから細かいこととかはよくわからんけれど、
人生の1/4くらいしか生きてないのに、
自分のことを分析してみたり、これから下手をすると定年まで働くかもしれない所を選ぼうとするのは超至難の業であると思うんだ。
でも、それくらいしか生きてないのだから、良い意味での妥協というか、限られた時間で考え抜いて出た答えはそれはそれで正しいものだと思う。仮にそれが間違いだったとしても後悔はしないんじゃないかな。

としったかぶりもいいことに、えらぶってみる。
就活、応援してるよ。頑張れ。
Posted by あおぶち at 2007年04月05日 02:20

結局考えても考えても考えても絶対的な答えなんてなくて。
だからこそフィーリングというか、自分の直感を信じたいね。

どっかの脳科学者(茂木健一郎ねw)が言ってたけど。
人間の直感は、それまでの全ての人生の経験や思考を踏まえた上で、脳が一瞬で計算した最適解、だそうなのよね。

まぁ、でもなんだかんだ言ってもうちょい悩みますw
Posted by hiroya at 2007年04月06日 02:09

>直感
高校時代の塾のあの先生も同じようなことを言ってたようなw
やっぱり最後は自分を信じたいと思うよ。
Posted by あおぶち at 2007年04月06日 10:18

高校時代の塾のセンセ、そんなこと言ってたっけw
完全に忘れたわw
Posted by hiroya at 2007年04月07日 00:06





コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。